Webページのライセンス違反を判断してほしい [クローズ済み] – ライセンス

質問:


プログラマが
知るべき97のこと
http://xn--97-273ae6a4irb6e2hsoiozc2g4b8082p.com/

はてブでホッテントリ入りしていて気になってるのですが、
このサイトってオライリーに無断で作られたサイトっぽいんです。

これって完全にアウトですよね?

質問者: hlfxhk

Creative Commons — 表示 3.0 アメリカ合衆国 — CC BY 3.0 USを読んで、ご自身で判断されてください。厳密な法解釈はこのサイトではオフトピックとなります。

あくまで個人の見解としては、トップページの画像で各著者の肖像権を侵害している可能性はあるのかなと思いました。しかし、O’ReillyのCommonsにご丁寧にも各著者の画像も公開されているので、適法のようにも見えます。

尚、英語版はかなり以前から公開されています。

出典

Related Posts:

LGPL版Qtを用いたアプリを公開する際の、ライセンス要項について – qt qt5 ライセンス
質問: 現在,Qt LGPL版を用いてデスクトップアプリを開発しています. 開発したデスクトップアプリを公開するに当たってよくわからない点があるので,質問させていただきました. Qt LGPL版のライセンス要項には,"Qtを使用していることを明記する必要がある."とありますが, 具体的にはどのように表示すれば良いのでしょうか? アプリ情報の使用ライブラリの項にQtを追加すれば良いのでしょうか? 質問者: ジェム 参考例としては、VirtualBoxやWiresharkがあります。 それに倣うと問題ないかと思います。 出典
Qtの商用ライセンスを購入すると、特典はどれほどのものなのか? – qt ライセンス pyside
質問: 以前、PySideで開発したもののそのあとどうすればいいかわからない。で質問をしました。 私は主体の取り違えを起こしていました。商用ライセンスは、開発者が定めてもいいにも関わらず、私は、購入しなければいけないものだと思っていたのです。購入をして、初めて自分の作品でお金とっていいですよ。という感じ。商売用ライセンスだと思っていたのです。しかし、こうした購入する商用ライセンスというものもあるわけで、以前の解答と合わせて考えると、どうやら、Qt開発者が、自分の開発したライブラリであるQtの商用ライセンスを購入したらこういう特典があるよという話だったようです。 Q1. 例えば、こういうQtの特典を商用ライセンス購入によって得た場合、このSOFで質問しても解決できないような、みなさんがお知りにならないような疑問も、サポートしてもらえるものなのでしょうか? The Qt Company’s expert support team helps you solve your development challenges. と書いてあります。Qtについては、以前からあまり盛んでないものを対象とした質問を出していますが、どうにも解答が付かなくて、何らかの手段がないものか探していました。   それと、ライセンスについて、以前お聞きしたものの、整理がつかなくなってしまったのです。 QtのLGPL版について 私が過去主体を取り違えたときに読んだものがここです。 Qtのライセンスについての考察 これがわかりやすかったかも。 緑之庵 私の製品について、商用ライセンスを発行するのは私なのでしょう。しかし、いったい何を守って何を守らなくてもいいのやら、正直混乱してしまいました。 簡単に言えば、お上の目を恐れているということです。 Q2. 自分で開発した製品について商用ライセンスを発行するのは開発者 自分で定めた料金を設定し、自由に商売してもよい。 LGPL版Qtで開発したものは、ソースコードの開示は強制されない。しかし、一度公開したら、その後の改変したコードも公開する必要がある。 GPL版Qtで開発したものは、ソースコードの開示は強制される。 Qtの商用ライセンスを購入するというのは、商売するライセンスをもらえるというのではなくて、上のサイトを信頼する限り、GPLの制限が解除され、コードの非公開が可能となる。非公開での改変もOKリバースエンジニアリングの禁止もできる。また、開発にあたっての様々なサポートが得られる。という程度の意味なのですね。 上記のようなとらえ方であっていますか? Q1では、商用ライセンスのサポートはどれほどのものなのか? 具体的には、以前の質問1以前の質問2以前の質問3等、まだ未解決の問題についても、答えてくれそうなサポートなのか? Q2では、以上のような理解で漏れはないのか? ライセンスについてちょっと慎重に行きたいと思っていますので、Q1が最もお聞きしたいことなのですが、Q2も併せて伺いたいと思います。私はGPLよりLGPLのがよさそうだぞと思って、PySideを選んで進んできました。C++ Qtと、PyQt,PySideは、名前は違えど、根底にある理解は一致しているので、Qtの商用ライセンス等でも、全く受けられるサポートには違いはないと思っています。C++のコードで教えられたら何とか行ける程度ですが。   質問者: Haru sayuri ちょうど今日、Qtブログにサポート関連の記事が投稿されました。Qt Premium Support: Learning and ...
GPLライセンスのソフトウェアを利用したサービスのソースコードの公開義務 – ライセンス gpl
質問: 例えば、WordPressのようなGPLライセンスが適用されているソフトウェアの一部をカスタマイズし、そのカスタマイズ版を用いてWEBサービスの提供を行っています。 この場合、アプリケーションの配布を行っているわけではないので利用者へのソースコードの配布は不要であると認識しております。 一方で、例えば、このサービスを第三者に譲渡する場合は譲渡先がソースコードの開示を要求した場合、かならず提供しなければならないという認識です (もっとも、PHPですのでバイナリというのはレアですが) このような認識でいるのですが私の認識はあっていますか? 質問者: SiN yohjp GPLの "ASP loophole(抜け穴)" 問題として認識されていることもあり、質問にある解釈が一般的かと思います。このようなGPL解釈に対して、別ライセンス Affero General Public License(AGPL) が準備されています。 下記記事も参考になります。 さよならコピーレフト GPLとサービスとしてのソフトウェア (原題"The GPL and Software as a Service") 出典
aws architecture icons のライセンスは? – aws ライセンス
質問: AWS には、オフィシャルのアイコン集がある様子です。 https://aws.amazon.com/jp/architecture/icons/ お客様やパートナーがアーキテクチャーダイアグラムを作成するために以下のリソースをお使いいただけます。 とありますが、逆にそれ以上の利用規約っぽいものを見つけられずにいます。 質問 aws architecture icons のライセンスは、どうなっていますか? 質問者: Yuki Inoue 出典
OSI Approved ライセンスについて – python ライセンス
質問: pip-licenses --from-classifierでライセンス一覧を表示したところ、 feedparserパッケージがOSI Approved ライセンスと表示されていました。 feedparser 5.2.1 OSI Approved このパッケージをインポートで参照しているアプリをMITライセンスで配布しても大丈夫でしょうか。 配布する際はこのライセンスを表記する必要があるのでしょうか。 ネットで調べても有力な情報が見つからずに困っております。 どなたかご存知の方はいらっしゃらないでしょうか。 ...
GPL における Copyright 文の正しい記述の仕方は? – ライセンス gpl
質問: GPL v2 のスクリプトを改変した場合の公開 をみていました。 一応 accepted answer があり、その抜粋として、どのような copyright 文・ GPL 文が記載されるべきかの例がありましたが、結局、 copyright 文としての正しい記述の仕方が何なのかがわからずにいます。 質問 copyright (C) 2016 Taro Yamada の copyright 文がある GPL ソースコードがあった場合に、それを他の人(例: Jiro Suzuki)が改変して配布する場合でも、この ...
Arduinoの商用(組み込み)のライセンスについて – arduino ライセンス gpl
質問: Arduinoの商用(組み込み)のライセンスについて2つ質問です。 一つはArduinoの公式ページの商用利用の項目(Can I build a commercial product based on Arduino?) において回答として"Using the Arduino core and libraries for the firmware of a commercial product does not require ...
Wikipediaのデータで辞書を作る – ライセンス
質問: Wikipediaのデータで辞書(単語帳)を作ろうと考えています。 Wikipediaはよくフリーだと言われていますが、 ググってみるとWikipediaのデータで作った著作物は頒布義務があるということがわかりました。 Web上で辞書を頒布することは問題ないのですが、 頒布する際は頒布情報として 該当するWikipediaのページのURLを掲載するほかに 何か必要なものがあるでしょうか。 質問者: user30138 nekketsuuu Wikipedia の記事「Wikipedia:ウィキペディアを二次利用する」が非常に参考になります。 ライセンスに従って二次利用する場合、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスについての理解が必要です。Wikipedia のページの一番下には、2018 年 9 月現在以下のように書かれています。 テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。 ここに書かれているように、Wikipedia のテキスト部分を利用するためには、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのうち「表示 - 継承」という種類のライセンスを守る必要があります。 大雑把に言うと、Wikipedia のテキストを使うためには「表示:出典がどこで、それを作ったのは誰で、ライセンスは何で、変えた部分があればどこを変えたかを書く」ことと「継承:自分が作った部分を同じクリエイティブ・コモンズ・ライセンスで頒布する」ことが必要です。ただしこれは私の言葉で書き直した説明なので、必ず元のライセンス文もご自身でご確認ください。 このため今回の場合、元ページの URL だけでは不充分で、少なくともそれが Wikipedia からきたものであることと、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスで配布されていたものであることを記載する必要があります。どのように書いたら良いかの例は、先にあげた記事「Wikipedia:ウィキペディアを二次利用する」に書かれています。 更にテキストとは別に、画像や動画などに対してはそれぞれ個別にライセンスがあります。個別のメディアをクリックしていくと Wikimedia Commons ...
CCライセンスの資料を入れたプログラムのライセンス – ライセンス
質問: wikipediaの記事を元に作られた資料はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスになりますが、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスで作成された資料をプログラムに入れて使用する場合、 そのプログラムはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスとして頒布しなければならないのでしょうか。 質問者: user30138 user20098 #「資料をプログラムに入れて使用する場合」の意味は、「資料データをプログラムソースに埋め込んで使用する場合」と解釈して回答します。 ライセンスの条件のうち「継承」(ShareAlike)を指定している資料であれば、埋め込んだプログラムも元資料のライセンス(CC-BY-SA, CC-BY-NC-SA)にする必要があると解釈するのが妥当と考えます。 CC-BY-SAの説明(日本語サイト) 原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなど)を表示し、改変した場合には元の作品と同じCCライセンス(このライセンス)で公開することを主な条件に、営利目的での二次利用も許可されるCCライセンス。 #NCが加わると商用利用不可になる。 「継承」を指定していないCCライセンスの資料であれば、プログラムをCCライセンスにする必要はないかと思います。 なお、その「資料」をプログラムに埋め込まずに、独立したファイルにして、プログラムから読み込むようにすれば、CC-BY-SA, CC-BY-NC-SAライセンスの場合でも「継承」の影響は受けないかと思います。 (プログラムは二次創作物にならないため) そのようにプログラムしたほうがよいと思います。 https://creativecommons.jp/faq/#a5 クリエイティブ・コモンズの、日本語のサイトを発見したので、ここに記します。 ソフトウェアにCCライセンスを付けることはできますか? 可能ですが、お勧めはできません。 CCライセンスは、ソースコードとオブジェクトコードについては、適用の対象として考慮していないからです。Free Software Foundationによって公開されているライセンス(日本語参考訳)や、Open ...
GPLv2 で、リンクを禁止する条文はどれ? – ライセンス gpl
質問: GPLv2 (http://www.gnu.org/licenses/gpl-2.0.txt) を見ていました。 その条文の、一番最後に、 (そして How to Apply These Terms to Your New Programs の中で) This General Public License does not permit incorporating your ...
Rubyのバイナリを作成したソフトにバンドルして配布しても良いでしょうか – ruby ライセンス
質問: Rubyを使ったアプリケーションを配布したいと考えています。 その際に、Rubyのバイナリも同梱した状態で配布しても問題ないでしょうか。 作成するソフトは商用製品またはGPL、LGPLをいずれかを考えています。 質問者: cpw 3100 Ruby自体を改造するという話ではなく、あくまで実行時にRubyに渡して利用するソースコードの話と仮定します。そうした場合にアプリケーションのソースコードだけを別途独自のライセンスで配布することは問題ありません。(配布したいアプリケーションのソースコード内でRubyのソースコードを含めている場合などは話は変わります。) ですので、配布の際にはアプリケーションソースコードとRubyのバイナリをそれぞれ別のライセンスで配布されれば良いのではないでしょうか。 ちなみにRubyはRuby Licenseで管理されています。 Ruby公式サイトにあるlicense.txtを見ると、2-clause BSDLとしてバイナリの配布が可能とあります。(あるいは前文より下に書かれている独自条項に従うことでも配布可能だそうです。いわゆるデュアルライセンスですかね。) 2-clause BSDLはBSDLの宣伝条項が排除された修正BSDLから、さらに"書面上の許可なく開発者の名称を派生物の推奨や販売促進に使用しないという項目を削除"(cf. BSDライセンス - Wikipedia)したライセンスです。 法的な話はこうしたサイトの範疇外ですので、実際には弁護士などに相談されることをお勧めします。この回答はあくまで個人的な見解であり、係る問題に対しての一切の責任は負いかねます。 Ruby 本体の再配布の話であれば、バージョンによって二種類あります。 Ruby 1.9.2 以前のものは GPLv2 + Ruby's のデュアルライセンス(GPLv3 非互換なので注意が必要のようです)、現在のものは ...
商用と非商用でライセンスを分けることは可能か – github ライセンス
質問: 非商用の場合はMIT、商用の場合は有料ライセンスにすることは可能でしょうか? また、Githubで開発を行なっているのですが、LICENCEファイルは作成せずに、 README.mdや公式サイト等にライセンスについて記述すればいいのでしょうか? 質問者: qsmq pgrho 利用者に2つのライセンスのどちらかを選ばせることは一般的に行われていて、デュアルライセンスと呼ばれています。ですがMITライセンスは負わせる責務が著作権表示のみですので、商用利用を禁じることはできません。 MITではなくより強いライセンス、例えばソースコードを開示する義務が発生するGPLやAGPLをオープンソース側に採用すれば有償ライセンスを選ぶインセンティブが生まれます。GPLとのデュアルライセンスの例としてはMySQLなどがあります。 @pgrho さんの書かれているように、MITライセンスでは制限無く商用利用は可能です。(なお、GPL/AGPLでもライセンスの範囲で商用利用は許可されています。たとえば、商用Webサービスの内部でMySQLを使うような場合、GPLライセンスで利用できますし、ソースコードに変更を加えても公開義務はありません。) 非商用の場合はMIT、商用の場合は有料ライセンス このようにしたい場合には、MITライセンスを改変して「非商用に限って許可する」という条項を付け加えたライセンスと、商用ライセンスの二者択一にするのが良いでしょう。オープンソースでは無くなりますが、フリーソフトウェアを名乗ることはできます。 出典
GPL v2 のスクリプトを改変した場合の公開 – github ライセンス gpl
質問: GitHub で掲載している Ruby スクリプトがあり、それはある別の人が作成し GPL v2 で公開していたものを掲載者が修正したもののようです。 そこで気になったのは、以下の3点です。 gpl.txt がなく、ソースのヘッダに短い文書で GPL の旨を記載している Copyright の文面(と製作者の名前)がオリジナルの人のそのままとなっていて、改変情報がない。 バージョンもオリジナルのもののまま。 疑問点は以下の通りです。 1.については、 gpl.txt は必ずしもなくてもいいでしょうか? 短い文面で GPL v2 に基づくとの記載はあります。 2.については、元々の製作者の名前を残しつつ、 Modified by... などで変更があった旨を記載するのがいいでしょうか? 3.についても、改変バージョンとして "v2.1.3-mod" のようなオリジナルのバージョンから変更したバージョンにする方がいいでしょうか? 自分が公開する立場になった時、ひっかかりそうな部分ががあったので質問しています。 ...
自作プログラムのライセンスの変更 – ライセンス
質問: これまで、GPL3で配布していた自作のプログラムのライセンスをMITなどに変更にして条件を緩和したいと思っています。 こういうことって著作権者でも許されるのでしょうか? 質問者: Logue 自身の著作物であれば、次バージョンからライセンスを変更するのは問題ないと思います。 (すでにリリース済みのバージョンのプログラムのライセンスを変更するのは、いろいろと問題になると思いますが) #自身がライセンサであり一次配布元であるので、GPLの条項適用前という解釈です。 #もちろん、自身のプログラムがGPLなソースコードを流用、リンクしていれば、MITライセンスへの変更は許可されないでしょう。 出典
複数のクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの併用について – ライセンス
質問: プログラミングの技術文章を書いているのですが、書いた文章のライセンスについて質問させてください。 プログラミングの技術文章には、ソースコードとソースコードに対する解説文章や図表などが含まれますが、それぞれに別々のライセンスをつけたいと考えています。 ソースコード: CC0(Public domain) 解説文章や図表: CC-BY ソースコードにはGPLやMITなどのライセンスがありますが、ここでは再配布時に著作権を表示不要なCC0(Public Domain)をつけたいと考えています。 一方文章や図表には、著作権表示が必要なCC-BYライセンスをつけたいと考えています。 この場合、ライセンスはどのように記載したらよいのでしょうか? そもそもこのようなライセンスのつけ方は認めてられないのでしょうか? ライセンスに関して最近学び始めたばかりであまり詳しいことが分かっていないので、ご教授いただけると助かります。 質問者: nutti ymotongpoo その技術文書、およびソースコードに適切なライセンスを明記すれば良いと思います。次はGo言語の例ですが、ウェブサイトの内容(文章と図表)はCC3.0、ソースコードはBSDライセンスであることが明記されています。 Except as noted, the content of this page is ...

You Might Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です